アプリでどの程度稼ぐことができるのか、アプリ作成で副業‥その事例

長谷川です。本日は、少しデーターを提出します。

 

もちろん、誰もが同じ結果になるといったことは、ありませんので、
その点は、注意していただければと思います。

 

アプリのダウンロード数と報酬の割合について

アプリダウンロード

例1 期間2か月ほどで収益250万円の広告収入。

例2 23日という期間でダウンロード数は、50万ダウンロード 収益は、約50万円。

例3 約5か月程度で ダウンロード数 13700回で 収益は、6万円前後

例4 合計ダウンロード数25000で、1日2000円前後の広告収入

例5 60日で130万DLで収益は、400万円

例6 1か月という期間で、8万ダウンロード 収益は、17万円と少し。

例7 ダウンロード数4万に対して、33231円

 

結構、バラバラですが上記データーを見ると
だいたいダウンロードにつき0.8円~4円程度の報酬です。

 

アプリ副業で1ダウンロードにつきいくら稼げるものなのか。

 

ただ一回のダウンロードにつきの平均データーを7つの事例で
まとめてみましたが、アプリを増やせば増やすだけ、理論的に
報酬が増える結果になるというわけです。

ゲームなどのアプリは、大ヒットすることがありますが、
初心者、素人では、オリジナルゲームで大ヒットは、まさに夢の世界です。

 

そういうことを考えれば、規模の少ない簡易アプリで
少数のダウンロード数でも、数で勝負する、そして
連携プレイで勝負するというのが、初心者の領域であれば、
一番敷居の低い戦略だということになります。

 

長谷川孝

 

コメントを残す

このページの先頭へ