管理人のプロフィール 長谷川孝

長谷川孝です。

アプリで稼ぐ方法という教材を打ち出しているのですが、
決して高度なプログラミングができるといったような訳では
御座いません。

例えば副業アプリなどを作成すれば
読者収集も可能ですし、一般的なジャンルで言えば
物販系のもの、クリック課金系のものなど幅広く収益を構築できます。

報酬画像を面倒臭くない程度にまとめてみました。

 

image74

image75

 

私の収入は、ざっと月に100万円前後といったところです。

 

アプリで稼ぐという考え方

 

アプリで稼ぐというと販売をするのかと思われがちですが、
アプリ販売とは、異なり無料アプリに広告を入れておく事で
広告収入に繋げる事が可能になるのです。

 

しかし、ただ登録するだけでお金になるかと言いますと
答えはNOです。

運良くダウンロード数が増して、波に乗るケースもありますが
確立としては、極めて低いと言えるでしょう。

しかし、アプリの紹介ページ、そしてアプリの魅力を伝える場があれば
ダウンロード数も、増してくるという話みたいです。

いかに効率よくいかに短時間でアプリを作って、広告収入を
稼ぎだすか…実は、そんなノウハウこそが、今回のアプリ大革命アプリで稼ぐ方法なのです。

 

アプリビジネスは、ある意味コンテンツ販売と同じです。

 

そこまで大きなヒット作をつかむとか、そういう問題でも
ありませんが、少なくてもアプリを売るわけじゃありませんが
自分のコンテンツをグーグルプレイに登録して、だれでも
ネットで見れる場所に自分の作品を置くということは、
売りではなく、無料でも、コンテンツ販売と同じです。

 

目先の利益だけで、1個作れば何円とか考える
浅はかな人は、基本的に、内職でもしていれば良いです。

内職志願の人と、ビジネス志願の人を比較すると
私の価値観上、数してなんぼの内職系志願の人をサポートしたくありません。

 

1個作ったからどうとか
2個作ったらどうとか
そういう次元では、ないからです。

 

アプリ大革命について。

 

私は、アプリ大革命という教材をアプリで稼ぐ方法として
アドモールで販売しております。

 

アプリをツールで作るといっても、
企画やアイデアは本人にゆだねられますので
この部分を数で勝負しても結局は、
大きく伸びる人、あるいは、それこそ1アプリ数円レベルの
ケースも当たり前のように出てくるものです。

 

私が、『これを作れ』と言ってしまうと、皆が同じようなものを
作り始めると、同じアプリが充満するので、良い結果を望めることは
ありえないのです。

 

ビジネスで、皆が同じものを作って同じように
稼げるものなどあるはずがないのです。

 

そういうことを妄想されている人には、できれば
受け取っていただくないしサポートもしたくありません。

 

だからこそ、セールスページでは、相当控えめにしております。

 

一度、当ブログを読んでからいろいろと考えていただけると幸いです。

 

 

 

このページの先頭へ